ニュース

ニュース内を

2020年05月22日
No.10001746

健全化推進機構
遊技機性能調査の定期実施が終了

遊技産業健全化推進機構は2020年5月度をもって、遊技機性能調査の定期実施を終了すると発表した。今後は不定期に実施する事業として継続し、異常を確認したときはこれまでと同様に行政に通報する。

同調査はパチンコ・パチスロ産業21世紀会の依頼で15年6月から始まった。17年1月以降は調査したすべての遊技機で一般入賞口への入賞が確認され、現在まで100%の入賞が続いている。

機構は「現状においてホールに設置されているぱちんこ遊技機は、特に大きな問題のない状況にある」とコメント。定期実施とともに調査結果の情報開示も終了する。今後は不定期実施に切り替え、20年1月から開始している依存防止対策調査にマンパワーを振り分けていくという。





関連記事