ニュース

ニュース内を

2018年11月15日
No.10000903

全日遊連 組合加盟店舗数
店舗数減少に歯止めかからず

全日遊連が毎月実施している組合加盟店舗数調査によると、10月末時点での営業店舗数は9303軒。前の月から59店舗減少した。廃業店舗数が46軒で、新規出店は0軒だった。

全日遊連の阿部恭久理事長はこの結果について、「この調査で新規出店数がゼロというのは記憶にない。これまでは(多少の経営環境の変化があっても)、予定していた新規出店をそのままオープンするケースもあっただろうが、現在は様子を見ざるを得なくなっているのではないか」と店舗数減少に懸念を示した。 

なお遊技機台数はパチンコが243万361台、パチスロが153万7687台。パチンコは1万2827台、パチスロは7245台、それぞれ減少した。


関連記事