コラム

コラム内を

2020年12月28日
No.10002085

パチンコ必勝ガイド×APJ「パチンコライターリレーコラム」
一般ファンを笑顔にする営業ってなんだ?/バイク修次郎
「ブレない漢のパチンコ日報」連載① 

僭越ながら、リレーコラムのトップバッターを務めさせて頂きますバイク修次郎です。私はパチプロ的視点で日々ホール実戦し、勝利を目指して打っています。そこで得た勝率UPに繋がる打ち方やホール選びの方法を雑誌で
紹介し、その対価を得て生活しているいわばホールさんの敵です(汗)。

いわゆる「勝ち組」になって20年程経ちますが、毎年12月は書き入れ時です…いや正確には、でした。関係者さんならお分かりでしょうけれど、今年はコロナ禍の影響でお客さんが少なく、例年とは違い状況の厳しいお店が凄く多いです。それでも、少ないながら還元してくれるお店もあり食い繋いでいますが、この先どうなることやら…。

そんななか一筋の光明が差したのですが、それは「P真・北斗無双第3章」の出来が良いこと。この先「真・北斗無双」と併せて遊ばせてくれるお店があると踏んでいます。プロ目線で言いますと、長く使える機種の大前提として、一般ファンの人気がないとダメなのです。まず、稼働が良くないとお店が儲からない➡還元しないという流れになるので。多くのプロは、優良店のおこぼれで勝てていますから。

さて、間もなく年の瀬。打ち手からすると、恐怖の年末年始営業期間がやってきます。この時期は遊ばせてくれる台が少なくパチプロの多くは休みますが、私は毎年動ける範囲の新規店で大晦日も元旦も遊ばせてもらっています。美味しい店とこ取りしてすみませんが、多くの店状況が厳し過ぎますので…。

年末年始に利益を確保しなければならないのは重々承知していますが、逆に大晦日や元日に甘く営業すれば打ち手は喜び、長い目で見れば利益に繋がると思いますよ。ただし、注意が必要です。ガツっと回転率を上げると、私みたいなプロやウチコ軍団が攻めますので、せめてボーダー回転数+1~2回に留めておくことが重要です。要は少し遊びやすい台を沢山作って、多くの一般ファンに還元すること。「P真・北斗無双第3章」は、プロは基本的に狙わないので、還元するには適した機種だと思いますよ。

コロナ禍で遊技人口減が加速する今、大事なことはこれまで以上にファンを大切にする営業だと思います。ファンの多くが期待しているのは「出玉」。まやかしの一撃出玉ではなく、出率100%を超える本当の出玉です。一旦離れた打ち手をホールに戻すのは並大抵なことではないと思いますが、多くの打ち手を笑顔にする営業に期待します!




関連記事