特集記事

特集記事内を

2021年02月22日
No.10002136

導入店レポート
光触媒でこれまで以上の安心を
光触媒 除菌・抗菌サービス『FRESHION』(フレシオン)

『銀の葡萄天神橋店』(大阪市北区)の店頭に掲出された誘客効果の大きい「光触媒コーティング」のPOP

『銀の葡萄天神橋店』(大阪市北区)は、株式会社ONEの光触媒 除菌・抗菌サービス『FRESHION』(フレシオン)を1月に導入した。手が触れる可能性のある場所をすべて酸化チタンでコーティング。緊急事態宣言が発令される中、「これまで以上に安心できるホール」として来店客とスタッフに喜ばれている。

『銀の葡萄天神橋店』は、日本一長い商店街(全長2.6㎞)として知られる大阪の天神橋筋商店街にある。コロナ禍さえなければ、買い物客で一日中賑わう場所だ。

「大阪は、東京などに先駆けて12月に出された時短営業の協力要請で、夜の人通りが大分減りました。さらに1月から緊急事態宣言ですから、昨年の春よりも今回の方がダメージが大きいかも知れません」と間大介店長は話す。

『銀の葡萄天神橋店』の間大介店長

こうした中、経営するベニス産業㈱(本社/京都市)は「これまで以上の感染症対策」として『FRESHION』を同店に導入した。系列19店舗のうち最初の導入店に選ばれたのは、このエリアがお年寄りの常連客が多いということも理由の一つだった。

『FRESHION』は、従来の光触媒技術を進化させ、独占特許を取得した除菌・抗菌サービス。壁や床だけでなく、あらゆるところにコーティングできるのが特徴で、同店では遊技台周り、呼び出しランプ、トイレ、遊技イス、イスカバー、景品カウンター、会員カードの暗証番号を入力するテンキー、ドアノブ、自販機のボタン、バックヤードなど、ありとあらゆる場所に施工した。

呼び出しランプもコーティング。パチンコ272台、パチスロ35台で施工時間は約3時間

主成分となる二酸化チタンにマグネシウムや銀などを加え、次世代コーティング技術(いずれも特許取得済)で施工しているため、除菌・抗菌効果が高く、しかも持続期間も2年と長い。

「ほかの店より安心して遊べるねと、お客様にも声をかけていただいています。直接ハンドルやストップボタンに触れなくていいように、使い捨ての手袋を置いていますが、コーティング後は着用する人が減りました。それだけ信頼を寄せていただいているのだと思います」

もう一つの導入メリットは、これまで除菌や清掃に集中して接客にあまり時間が割けなかったスタッフに余裕がでてきたことだ。

「コミュニケーションが多くなってお客様にもスタッフにも笑顔が増えました。せっかく来てくださった方に、これまで以上に安心して楽しんでいただくために、今後も感染症対策には力を入れていきます」(間店長)

『FRESHION』の販売情報

『FRESHION』への問い合わせ先
 ゲンダイエージェンシー株式会社
 https://www.gendai-a.co.jp/
 ▼問い合わせフォームはコチラ



『FRESHION』について
 株式会社ONE
 ▼製品情報はコチラ
 https://www.opening-new-era.com/



関連記事