特集記事

特集記事内を

2018年08月03日
No.10000755

ネクジット
大幅なコストダウンを実現する自由な提案
『自走式立体駐車場』/『商業施設施工』

自走式立体駐車場を中心にホールの施工など鉄骨建築を専門に手掛けるネクジット。昨年夏にオープンした注目店『ジャムフレンドクラブ朝霞』(埼玉県)では、施工全般を一 手に引き受けた。同社が手がける施工の特徴や今後の抱負を乾真奈社長に伺った。


「北海道から沖縄まで全国どこでも施工を請け負っています。パチンコホールはもちろん、一般の商業施設など幅広い分野に対応できるのが弊社の強み」と語るのはネクジットの乾社長だ。

ネクジットがホール企業やデザイン会社から信頼を勝ち得たのは、得意とする自走式立体駐車場や商業施設などの鉄骨建築で実績を重ねてきたからだ。例えば自走式立体駐車場では、限られた敷地を効率的に活用しながら、デザインや集客計画に合わせた自由な設計を提案。緻密な防耐火構造設計で、大幅なコストダウンに成功した。

スペースが十分に確保できないケースでは、オーソドックスな「フラット式」や短いスロープで連結する「スキップ式」、なだらかな勾配で螺旋状に昇降させていく「連続傾床式」など複数プラン用意。また、中間柱のない駐車場建設も得意で、効率的な空間演出をしてくれる。車両重量はMAX2.5トンに対応。すべてのタイプで多雪地域に対応する。デザインや集客計画、エリアに合わせて自由な設計が行えるのも同社の魅了だ。

「まだ歴史の浅い会社ですが、ホール様やデザイン会社様からは自走式立体駐車場での実績を評価していただいています。まずは仕事の大小にかかわらず丁寧に誠心誠意やっていきます。コスト削減のノウハウが弊社の売りですから、一度お問合せくだされば新しいプランを提案できると思います」(乾社長)

施工案件でフル稼働が続くネクジット。現在スタッフも募集中で、事業の拡大など今後の活躍が楽しみだ。

乾社長



関連記事