ニュース

ニュース内を

2018年10月24日
No.10000866

西陣
花魁初のV確ループ
『P春一番~花札昇舞~』内覧会

西陣は10月24日、都内ショールームで新機種『P春一番~花札昇舞~』の内覧会を開催した。

花魁シリーズで初のV確ループを採用した同機は、6段階の設定が付いたライトミドルタイプ。会場を訪れた多くのホール関係者が、艶やかな花魁や和テイストの花札を堪能した。

スペックは大当たり確率が1/209.38(設定1)~1/179.55(設定6)、確変割合がヘソ51%、電チュー65%。電チュー大当たりの50%が10R確変・1080個を払い出す。右打ちの通常大当たりには時短100回が付くため、設定1でも引き戻しの期待度は十分。高設定ならばなおさらだ。

演出面では、メイン液晶に赤い鯉や赤い春風がシースルー予告で出現すればチャンスアップ。盤面上部の花札液晶では、出来役に応じて展開が変化する。三光からコイコイで四光になれば激アツ、さらにコイコイで五光が成立すればレインボーカラーが祝福してくれる。ホール導入は1月7日からの予定。

桐に鳳凰、松に鶴、桜に幕、芒に月、柳に蛙の5札で五光が完成

ショールーム入口を飾る花魁たち


ⓒNISHIJIN


【P春一番~花札昇舞~】
■大当たり確率:1/209.38(設定1)~1/179.55(設定6)
 → 1/88.20(設定1)~1/75.68(設定6)
■確変割合:ヘソ51%、電チュー65%
■賞球数:4&1&3&3&12
■ラウンド数:4R or 10R・9カウント
■電サポ回数:50回 or 100回 or 次回まで
※確変大当たりでもV入賞しない場合は電サポ100回


関連記事