ニュース

ニュース内を

2019年06月18日
No.10001240

マルホン工業
話題作が新規則機で復活
『P沖7BLACK』プレス発表会

プレス発表会に登場した田中本部長(右から2番目)、桃乃木かなさん(右から3番目)、くりさん

マルホン工業は6月17日、東京支店ショールームで『P沖7BLACK』のプレス発表会を開催。あの話題作がマルホン初の設定付きパチンコになって帰ってきた。

プレス発表会には営業本部の田中久也本部長とパチスロライターのくりさんが登場。機種説明を行った田中本部長は「5月末の時点で、約800店舗に1300台強の沖7がまだ市場に残っている」と根強い人気がリリースの決め手だったと語る。

機種の特徴としては、「盤面に真っ黒なブラックステルスシートを採用。通常時は盤面が真っ暗で、華が光れば当たりという誰にでも分かりやすい仕様にした。図柄が揃い、華が光り、当たった瞬間に盤面にナナちゃんが浮き出てくる」と斬新なデザイン性の盤面を紹介した。新枠についても「サイドランプのフラッシュや色の示唆など、細部にまでこだわっている。是非、楽しんでいただけたら」とこだわりを詰め込んだ新枠に自信をのぞかせた。

斬新な盤面を体感するプレス関係者

5段階設定の大当たり確率は1/234.4(設定1)~1/187.5(設定6)で設定5はない。高確率時は1/27.8(設定1)~1/22.2(設定6)。全ての大当たり後には、確変割合80%を誇る32回転のSTまたは時短「沖チャンス」に突入する。ヘソ・電チュー共通の大当たりは、50%で約1260個払い出しのBIG BONUSに当選(確変10Rが40%、通常10Rが10%)。

通常時は筐体正面にあるランプの色や保留変化でチャンス到来。華が光れば大当たりというシンプルな演出だが、どんな展開からでも光る華はプレイヤーに驚きと興奮を与える。多数存在する華の点灯パターンにも要注目だ。

機種説明後はゲストに桃乃木かなさんを迎え、発表会の様子がYou Tubeで生放送された。

ホール導入は、8月19日を予定している。


【P沖7BLACK】
▼大当たり確率:1/234.4(設定1)~1/187.5(設定6)
       →1/27.8(設定1)~22.2(設定6)
▼確変割合:80%
▼電サポ回数:32回(※内部的に確変の場合4回転はサポ無し確変状態へ移行)
▼ラウンド数:3Ror10R 9カウント
▼賞球数:4&1&10&6&14
▼出玉数:約378個~1260個


関連記事