コラム

コラム内を

2022年06月28日
No.10002893

パチンコ必勝ガイド×APJコラボ企画
家庭用実機/バイク修次郎
連載コラム「ブレない漢のパチンコ日報」⑲

この日は、特別なお客様が自宅に来る日。等価のホールで千円あたり20回チョイ回る『ゴッドイーター究極一閃』を打っていました。期待時給は千五百円程。有り難い回りです。

しかし夕方にあの娘が家にやってくるから、全然勝負に集中出来ない…。気もそぞろだったのでヤメて、16時頃自宅に戻りました。

少しドキドキしながら玄関を綺麗に掃除。そして約束の17時。ピンポーン♪

ゆっくりと玄関のドアを開けると、ヤバイク⁉️  彼女は二つに分かれていました。パラパラ死体…ではなくその彼女とは、『CR大海物語4 With アグネス・ラム』。ヤマト急便さんが運んでくれたのですが、説明の流れが変態ですね…ま、そのまんまか(笑)。

ちなみに最初に買った家庭用実機はマルホンの『スイスイマリン』という台でしたが、これが好きで好きで。ホールで打った閉店後、自宅でも回していました。振り返ればやり過ぎ…いや、今も大して変わってないですな。

あ、そうそう。若かりしバイク青年が起こした、あり得ないヤバイク事件を思い出したので伝えますね。

『スイスイマリン』という台は権利モノで、大当り後電チューに玉を入賞させてVゾーンに入れなければなりません。ヤクモノのクセが悪い台だとV入賞せずパンクし、大当りの権利が消滅してしまうことが多々あったのです。

通っていたホールの8番台は超クセ悪台で、遊技していたらいつものようにパンク…いや、この日はいつも以上。3回程パンクが続いたところで、バイク青年は無言で自宅に戻り驚愕の行動に出ました。

鬼気迫る表情で自宅の実機ヤクモノを工具を使い取り外し、さっきまで遊んでいたホールへ再び入店。よく話をする主任を呼び出し、「スイマリ8番台のパンクの度が過ぎるから、このヤクモノに変えなさい!」と言い放ったのです。

主任さんは目を丸くしつつ「あんたの度が過ぎるわ!」とは言わず、大人な対応でバイク青年をなだめ…って、今振り返ると我ながら行動が恐ろしい(汗)。

勝率UPを狙いたい方は、家庭用実機購入は学びがあるのでオススメしますが、間違ってもホールにヤクモノ交換等の要求はしないでくださいね。そんなバカは俺ぐらいか…。

パチンコは適度に楽しむ遊びです。

自宅に配達され開封する直前。この瞬間が一番嬉しいひとときかも



バイク修次郎のYouTubeチャンネル「パチンコ修ちゃんねる」はこちら

[こんな記事も読まれています]

バイク修次郎の連載コラム
「ブレない漢のパチンコ日報」

連載⑱『お弁当食べつつパチンコ談義しよう会』
連載⑰『酒で胃が花満!?』
連載⑯「ハマリワースト3」
連載⑮「便秘でまさかの救急車要請」
連載⑭「革新的なスマートハンドル」
連載⑬「撤去期限よ長くなれ」
連載⑫「嫁をめとらば」
連載⑪「カツで勝つ」
連載⑩「若い子がやらないと…」
連載⑨「業界人ならば打て!」
連載⑧「軍団の昔と今」
連載⑦「パチプロになってみて思うこと」
連載⑥「パチンコのために肉体改造」
連載⑤「人生を賭けて打った海物語」
連載④「勝ち組と負け組を経験して思うこと」
連載③「旅打ち47都道府県全勝で+800万超」
連載②「200円の手打ち台」
連載①「一般ファンを笑顔にする営業ってなんだ?」