ニュース

ニュース内を

2019年03月05日
No.10001055

フランチャイズ・ショー2019
新ビジネスに熱視線
東京ビッグサイトで3/6から3日間

昨年のフランチャイズ・ショーの様子。3日間で3万763人が来場するなど盛り上がりを見せた

フランチャイズビジネスに関する日本最大規模の展示会「フランチャイズ・ショー2019」が3月6日から3月8日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される。フードサービス業、小売業、生活関連サービス業など約205社がブースを出展する予定だ。

近年は多角化経営に力を入れるホール企業が増加。フランチャイズ・チェーン(以下FC)事業への参入も選択肢のひとつで、最大のメリットは、「すでにビジネスモデルが構築されているため失敗のリスクが小さい」ことだ。ホール経営とのシナジー効果により企業や人材が成長する契機になっている。

今回のフランチャイズ・ショーには、アミューズメントジャパンでも紹介したカルビ丼とスン豆腐の専門店『韓丼(かんどん)』(https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10001043/)も出展。ホール企業も注目している人気店のビジネスモデルを確認する良い機会になりそうだ。


関連記事