コラム

コラム内を

2022年05月28日
No.10002820

パチンコ必勝ガイド×APJコラボ企画
お弁当食べつつパチンコ談義しよう会/バイク修次郎
連載コラム「ブレない漢のパチンコ日報」⑱

今回は6月19日に開催するパチンコイベントの告知をさせて頂きたいのですが、そこに至った経緯を…。

私は高校卒業後整備士学校に通い整備のイロハを学んだ後、プロレーサーを目指してサーキットを走っていたのですが、仕事中足に後遺症を背負う事故に遭い夢を断念。入退院を繰り返し紆余曲折あり30歳の時、プロはプロでもまるで違う、パチプロの道を目指すことにしたのです。

一念発起して初めてみたものの誰も勝ち方を教えてくれる人はおらず、日々一人で焦りつつ勝負は手探り。それでもなんとか稼いで日々の生活費を賄っていました。誰か勝ち方を教えてくれないか…釘の見方を教えてくれないか…。出玉計測の手段を教えてくれないか…。そこで、藁をも掴む気持ちでパチンコの専門学校がないか探してみました。

しかし、釘の知識を学ぶ学校はあるもののホール関係者向けで学費がとても高く、駆け出しのパチプロには到底支払える金額ではありません。

結局誰にも頼れず、毎日冷や汗をかきながらホールへ通っていましたが、現場でたまたま知り合った先輩プロが勝ち方のイロハを教えてくれ、飛躍的に収支が伸びて一安心。先輩のお陰で年間収支が+920万となったのは、以前書いたとおりです。

パチプロ駆け出しの頃、勝ち方を教えてくれる学校があれば精神的にも経済的にも楽だったのに…。

あの時と同じ苦しみを抱いているファンの手助けになればと思い、私は人生を賭けてここに宣言。パチンコの専門学校を立ち上げます! と言いたいところですが、そんな大金は無いですしパチプロを養成する気もありません(汗)。

目指したいのは学校ほど堅苦しくなく、気楽にワイワイやれるノリ…。パチンコサークル的なライトなものを考えて貰えたら分かり易いでしょうか。状況の厳しいご時世でも、ファンの方と一緒によりパチンコを楽しめたらいいな…そんな思いで、パチンコを楽しむことに特化したオンラインサロンを、6月末に開設することにしました。

これは基本ネット上の話ですが、対面でも直接ファンの方々とお逢いし、パチンコの楽しさや今置かれている問題について話し合いたい。同時に、オンラインサロン開設の意義等についても説明出来たら…。

そこで6月19日に、「お弁当を食べつつパチンコ談義しよう会」を開催します。コロナ禍は落ち着きつつあるし、皆で集まってパチンコ談義は楽しそ~♪ って、私が楽しませる側ですね(汗)。ご来場頂いた方には満足して帰って頂けるようガンバイクしますので、皆様のご参加お待ちしています!

【お弁当食べつつパチンコ談義しよう会】

当日はライターの岡田ちほちゃんがアシスタント

・開催日 6月19日(日)
・会費 2500円(今半弁当付き)
・時間 18:20~19:40(仮)
・場所 CASE Shinjuku(高田馬場)
 東京都新宿区高田馬場1丁目28-10 バンフォーレ三慶ビル4F

[Google Map/地図をクリックしてください]


・定員 40名
・内容 実機を使った質問コーナー、最前線の勝ち方について等
・アシスタント 岡田ちほ
・お申し込み 氏名、電話番号を書いて下記メールアドレスへ。追って返信します。
 syuziro@gmail.com
・応募締切6月14日(火)
 ※一度申し込んだ後、キャンセルをする場合は6月16日(木)までに連絡してください


バイク修次郎のYouTubeチャンネル「パチンコ修ちゃんねる」はこちら

[こんな記事も読まれています]

バイク修次郎の連載コラム
「ブレない漢のパチンコ日報」
連載⑰『酒で胃が花満!?』
連載⑯「ハマリワースト3」
連載⑮「便秘でまさかの救急車要請」
連載⑭「革新的なスマートハンドル」
連載⑬「撤去期限よ長くなれ」
連載⑫「嫁をめとらば」
連載⑪「カツで勝つ」
連載⑩「若い子がやらないと…」
連載⑨「業界人ならば打て!」
連載⑧「軍団の昔と今」
連載⑦「パチプロになってみて思うこと」
連載⑥「パチンコのために肉体改造」
連載⑤「人生を賭けて打った海物語」
連載④「勝ち組と負け組を経験して思うこと」
連載③「旅打ち47都道府県全勝で+800万超」
連載②「200円の手打ち台」
連載①「一般ファンを笑顔にする営業ってなんだ?」