コラム

コラム内を

2022年07月28日
No.10002970

パチンコ必勝ガイド×APJコラボ企画
打つモチベーション/バイク修次郎
連載コラム「ブレない漢のパチンコ日報」⑳

パチンコライターになって、19回目となる夏がやってきました。新型コロナ第7波真っ只中ですが、なんやかんやパチンコが打てることに感謝しつつ日々を過ごしております。

長年パチンコ稼業で生活してきましたが、最近改めて大事だと痛感することがあります。それは、「打つモチベーション」。自身の心を見つめ直す為にもそれについて考察したいと思います。

まず「モチベーション」の意味を調べてみると主に、刺激・やる気・意欲等とあります。長くライター稼業をやっている割にモチベーションは高い方だとは思いますがそれでも上下の波はあり、高い時にはイケイケどんどん。強くなった気になりますね。子供か! と突っ込まれそうですが、大勝ちした時、面白い機種に出会った時、優良店(台)を見つけられた時、いい仕事が出来た時、褒められた時、モテた時…でしょうか。最後のはいらんか(笑)。

逆にモチベーションが下がる時は、大負けした時、稼げる台が見つからない時、仕事でミスした時、たまにエゴサーチした時…って、当たり前ですね。ちなみに前に見た書き込みは、「顔がデカ過ぎるからバイクでコケて削れればいい」…うんうん、整形代浮いてエエなボケたれ! あとは、子供を強姦したとか銀行強盗を企んでるとか…やり兼ねない風貌で誤解されるから、適当な書き込みやめなさい! 酷すぎるから警察に相談しにいこうかと、マジで考えています。侮辱罪が厳罰化になったので追い込んだら期待値高そうだし…。動きがあった時には、ここでお伝えしますね。

お気に入りの機種『ジャギの逆襲』で26連チャンで、
一撃3万5千発獲得。テンション上がりました。
勝利は、モチベーションの高まる一番の源泉。

話を戻しますが、テンションアゲorサゲ時の理由はどちらも単純。総じて言えるのは、パチンコの勝敗と状況がモチベーションに大きく影響を及ぼすということです。

関係者に「バイクさんは負けた時ヘコみ過ぎ!」とよく言われますが、自分からしたら当然のこと。遊びで打っている訳ではないし、負け続けたらお金も仕事も無くなります。それに正直、人生懸けて勝負していますから。負けてヘラヘラ笑ってる打ち手とは仲良くなれない。私の仲良しは皆、男女問わず負けず嫌い。情熱入れて打つ奴が好きですわ。

何はともあれパチンコ勝負も仕事も、モチベーションは凄く重要。またエゴサしてモチベーションを高め、今日も明日も勝負してきます。もっともっと俺を叩け…ってのは違うか(汗)。
とにかく、心を燃やすパチンコ勝負が出来なくなった時が潮時。ホール状況は厳し目やけど、まだまだ俺は打ちますぜ!


バイク修次郎のYouTubeチャンネル「パチンコ修ちゃんねる」はこちら

[こんな記事も読まれています]

バイク修次郎の連載コラム
「ブレない漢のパチンコ日報」

連載⑲『家庭用実機』
連載⑱『お弁当食べつつパチンコ談義しよう会』
連載⑰『酒で胃が花満!?』
連載⑯「ハマリワースト3」
連載⑮「便秘でまさかの救急車要請」
連載⑭「革新的なスマートハンドル」
連載⑬「撤去期限よ長くなれ」
連載⑫「嫁をめとらば」
連載⑪「カツで勝つ」
連載⑩「若い子がやらないと…」
連載⑨「業界人ならば打て!」
連載⑧「軍団の昔と今」
連載⑦「パチプロになってみて思うこと」
連載⑥「パチンコのために肉体改造」
連載⑤「人生を賭けて打った海物語」
連載④「勝ち組と負け組を経験して思うこと」
連載③「旅打ち47都道府県全勝で+800万超」
連載②「200円の手打ち台」
連載①「一般ファンを笑顔にする営業ってなんだ?」